夏の風物詩と言えば花火大会!?旅行先で見たい花火大会3選

東北の伝統的な花火大会は日本の花火を満喫できます

長岡まつり大花火大会は明治時代から開催されていると言われている花火大会です。また、大曲の花火は全国の花火師が集結して、腕とプライドを競う全国花火競技大会で、いずれも東北地方への旅行を計画しているのであれば一度は見学がお勧めです。長岡まつり大花火大会の見どころは夜空に咲く大輪の花でもある特大の三尺玉、約2キロの幅の中で展開が行われるフェニックスです。花火が持っている迫力を存分に楽しめるのが長岡まつり大花火大会の魅力になっているのです。大曲の花火は、花火が持つ美しさを実感できる魅力を持ちます。国内にはいくつかの花火競技会が開催されているのですが、大曲の花火は花火競技大会の中でも最も権威がある大会、全国の花火師の意地やプライドがぶつかり合う熱い大会です。

熱海なら気軽に出掛けることができます

静岡県の熱海市は有数の温泉地で東京から電車で約40分などからもアクセスしやすい場所です。有数の温泉地であると同時に、熱海の花火大会も歴史を持つものが多くあります。打ち上げ数自体は約5,000発と少な目ではありますが、気軽に楽しめるのが熱海の花火大会です。ちなみに、7月から8月にかけての夏休み期間中は合計7回の花火大会が開催されると言われており、旅行の日程も花火大会が開催される時に組みやすいなどのメリットもあるのではないでしょうか。さらに、熱海の花火大会は温泉地などからも宿泊施設から見学ができるメリットもあり、温泉に浸かりながらの花火見物も魅力的と言えましょう。

フライアゴーがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です