世界一美しい空港・チャンギ空港の魅力とは

色とりどりの植物に囲まれた楽園

シンガポールのチャンギ空港は、世界で一番美しい空港だと言われています。空港内は50万種類以上の植物に囲まれており、蘭園やサボテン園、ひまわり園など様々なエリアが存在します。また、そのような植物と共存できる美しい蝶も飼育されており、見ているだけで癒されます。蝶だけではなく、色鮮やかな鯉が泳げる池も設置されているので見どころ満載です。チャンギ空港の植物園は11の園芸家チームにより造られています。英国王立園芸協会で環境科学を学んだ優秀な人材が集められているので、他では見られない幻想的な空間を造り出すことができたのでしょう。

歴史ある空間デザインによって1位を勝ち取っている

チャンギ空港の空間デザインは、1980年代初頭から行われています。それからずっと空間デザインの企画をやり続け、日々研究を重ねているのです。あらゆる種類の植物を枯らすことなく育て上げ、かつ美しさを追求するという難題に向き合っています。その努力が評価され、チャンギ空港はイギリスにある航空サービスに関するリサーチ会社から「世界最高の空港である」と高く評価されています。

進化を続けるチャンギ空港

チャンギ空港の挑戦はまだまだ続きます。今後はチャンギ空港内に複合施設『ジュエル』を建設する予定があるそうです。2019年にオープンする計画となっており、自然を再現した公園を屋内に造りあげるそうです。それだけではなく、鏡を使った迷路など、遊び心を取り入れた場所も用意されています。これが完成すれば、子供から大人まで楽しめる美しい施設となるでしょう。

フライアゴーがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です